◆警戒 ノロウイルス◆

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖し胃腸炎を引き起こす病原性ウイルスで、例年秋から春にかけて流行し冬季にピークを迎えます。少量(100個以下)でも発症する非常に感染力の強いウイルスで、保育園、高齢者施設、飲食店などでは短時間で感染がひろがり集団発生(クラスター)を引き起こしやすいのが特徴です。ノロウイルスは外殻成分を持たないノンエンベロープウイルスで、加熱消毒や塩素系消毒剤は有効ですが、アルコール消毒液では不活化できないことが広く知られています。もっとも有効な予防措置は手洗いを充分に行うことですが、発症者が出た場合は嘔吐物や排泄物の処理を適切にし、接触部の除菌清掃を充分に行うこと、また食物の調理は内部まで充分に加熱することが感染防止のポイントです。
(クリックで拡大↓)

【ノロウイルス対応ハンドブック】

2020年09月30日