閉じる

   病院・福祉  
 


1.厨房、浴室などに除菌水を完備

  平成17年の我が国の食中毒は、患者数27,019名、死者数7名。病因物質には主に、サルモネラ菌、ブドウ球菌、大腸菌、ノロウィルス、などがあります(右図参照)。弱酸性の除菌範囲は広く、食品業界や医療機関で問題となるあらゆる菌、ウィルスを撃退します。
その弱酸性除菌水で、食材やまな板など調理器具の衛生管理から、床や壁掃除までを一括して行います。有害な薬剤を一切使う必要がなく、常に安全で信頼できる食の提供を確実に致します。


  浴室で最も問題となるのが、レジオネラ菌。50℃のお湯の中でも死滅せず、よどんだ水や湯の中で増殖します。ミストやお湯を吸い込んだりカロ湿器、給湯設備、循環式浴槽などが感染源となることがあり、入浴施設においても深刻な問題となっています。
浴室では、浴槽の足し水や浴室内の清掃に弱酸性除菌水を使用。弱酸性は、温度が高いほど除菌力も高まりますので、非常に効果的です。
  汚物室にて、汚物の入った容器に弱酸性除菌水を直接スプレーすると、驚くほど消臭効果を発揮します。夏場など不快な臭いに悩まされることなく、気持ちよくお過ごしいただけます。

 

2.食堂、談話室、通路などの空間除菌

食堂や談話室、通路など人の集まる場所に弱酸性除菌水を噴霧します。超音波でつくられた微粒子が空間の隅々まで除菌します。インフルエンザウィルスだけでなく結核菌に対しても効果が実証されています。吐物を拭き取るだけでは不十分なノロウィルス中毒症は、空間除菌することで二次感染を防止します。
空気感染性の菌やウィルスを撃退すると同時に、臭いの原因菌もなくなるため、消臭も行われ、室内は常にクリーンで快適に保たれます。もちろん精密機器、電子機器などに影響を与えることはありません。

3.ポータブルトイレの徹底消臭

従来のポータブルトレイでは、薬の服用による尿・便の臭いや、 夜のみの使用でも、昼も臭いが残っている気がするなどの問題がありました。水の代わりに、弱酸性除菌水ステリパワーを使用することで、は、臭いの原因菌を直接除菌分解しますので、絶大な消臭効果があります。また便器などの掃除も、ステリパワーをご使用いただくことで、常に清潔な状態を保てます。
手術室手洗い装置への導入
ナースセンター手洗い