閉じる
  

 衛生管理

 


----------ステリパワーがトータルに衛生管理を行います--------

平成16年の我が国の食中毒は、患者数28,175名、死者数5名。病因物質には主に、サルモネラ菌、ぶどう球菌、大腸菌、ノロウィルス、などがあります。ステリパワーは、除菌範囲が広く、食品業界や医療機関で問題となるあらゆる菌、ウィルスを撃退します。そのため、菌によって薬剤を換える手間も、複雑な薬剤管理も必要なく、作業の軽減化と共に、薬剤コストの大幅な軽減が計られます。


 

  ■手 洗 い戻る

 


う通常、次亜塩素酸Na水溶液で殺菌効果を期待するには100ppmの濃度が必要ですが、ステリパワーは50ppmで可能です。pH値が中性に近いということと濃度が低いと人体に対する毒性が低く、うがい等にも用いることができます。ただし飲料水として使用できません。 

<手指殺菌効果試験>
作業中の検査員の手指をハンドスタンプ培地に
押し付け、その後ステリパワーで流し洗いした
手指をハンドスタンプ培地に押し付けた→→

使用前

使用後
 

  ■食材・食品戻る

 


平成17年の我が国の食中毒は、患者数27,019名、死者数7名。病因物質には主に、サルモネラ菌、ブドウ球菌、大腸菌、ノロウィルス、などがあります(右図参照)。弱酸性の除菌範囲は広く、食品業界や医療機関で問題となるあらゆる菌、ウィルスを撃退します。
その弱酸性除菌水で、食材やまな板など調理器具の衛生管理から、床や壁掃除までを一括して行います。有害な薬剤を一切使う必要がなく、常に安全で信頼できる食の提供を確実に致します。

食品添加物だから安心
ステリパワーの有効成分は、次亜塩素酸(HOCl)です。次亜塩素酸は従来より、ほ乳瓶や保育器など、高い安全性が必要な器具の消毒に使用されていた成分と同様の安全性を有します。さらに次亜塩素酸は、人体で異物を除去するために活躍していることからも、その安全性がご理解いただけるでしょう。
手荒れの心配もありません。従来の消毒剤は、そのまま排水すると環境汚染を起こすので中和などの措置が必要でしたが、ステリパワーは、そのまま排水しても環境に与える影響はほとんどありませんので大変安心です。



ステリパワー使用例

ステリパワーでの手洗いは手荒れもほとんどなく除菌できます。洗剤で汚れを落としながらしっかり洗って下さい。
通常のモップ拭きにステリパワーを使用します。
使用後はモップをステリパワーでよく洗い保管しますとモップも衛生的です。
付け根の部分をカットする前にステリパワーで除菌して下さい。カット後もう一度ステリパワーで汚れを落として下さい。
鬼葉を捨て丸ごとステリパワーで除菌して下さい。その後四つ割にしてもう一度ステリパワーで除菌して下さい。レタス、キャベツも同様です。
肉の表面をステリパワーで除菌してから調理して下さい。冷凍肉の解凍水としても効果があります。
エラやウロコ、内臓を除去する際にステリパワーを流しながら行って下さい。切り身にしてからは赤身の色が抜けますのでご注意下さい。
カット前にステリパワーで除菌して下さい。カット後もう一度ステリパワーで除菌して下さい。
まな板や包丁などの調理器具はステリパワーで洗い流して下さい。油分が付着しているときは洗剤で洗ってから使用します。


  ■器具・製造機械戻る

 


洗浄に必要な周辺機器をご要望に応じて製作することも可能です


  ■靴底や台車戻る

 

非衛生区と衛生区の境界に設置し、床面の衛生管理を確実にします


  ■衛生的な清掃戻る

 


モップや雑巾のバケツの水に使用します


  ■排気の消臭戻る

 


施設内の換気の際に排気中の臭いを消臭でき、環境に対する配慮もサポートできます。


  ■浴槽・プール水戻る


【ステリパワーの特徴】

  • プール従事者自身の安全性が向上し、肌荒れなども減少します
  • 塩素ガス発生が殆どありません
  • 環境汚染のない安全な殺菌システムの構築ができます
  • レジオネラ菌対策に活用できます
  • プール内の掃除に活用できます(殺菌掃除)

【プール水の管理】

屋内プールでは、施設に入っただけで塩素臭がしているところが良くありますが、ステリパワーを使用した施設ではまったく臭いがしません。従来の施設では、皮膚が過敏な人や、アトピー性皮膚炎の人は、プールに入ると炎症などのトラブルが起こることがよくあります。これは、塩素によるものとされています。

従来の塩素注入方式の施設では、
@塩素濃度の濃淡がプールの場所によってかなりあります。これは循環濾過装置の後方で注入した塩素が、均等に攪拌されないうちにプールへ戻ってしまうため起こるものです。このため、プールの場所によってはかなり濃度の高い塩素に触れてしまう 可能性があり皮膚障害が起こると考えられます。
A水は温度を上昇させるとpHがアルカリ側に移行します。また、注入する塩素剤が強アルカリ性なので、さらにアルカリ性に移行します。 人の皮膚の適正pHは弱酸性ですので、アルカリ性の水は皮膚を荒らすことになります。

ステリパワー設備によるプール殺菌は、以上の二点を解決します。
@規定の塩素濃度に希釈混合して注入しますので、プールでの濃淡が起こりません。 均等に攪拌(水と塩素の反応が安定)されてからプールに戻りますから、臭いが しないプール空間になります。
A塩素水を一定濃度に希釈混合した後に、さらに酸性の塩素水にpH調整をして注入しますので、プール水のpHをアルカリ性にしない皮膚にやさしい殺菌方法です。したがって、皮膚が過敏な人や、アトピー性皮膚炎の人でもトラブルがほとんどないプール水の維持管理が容易に可能になります。
※塩素注入により問題になっております、トリハロメタンの発生につきましても、ステリパワーは弱酸性ですので、トリハロメタンの発生量はきわめて低いことが知られてい ますので、より安全な環境が得られます。


ステリパワー生成装置

機械室に設置されたステリパワー
生成装置に より施設全体に必要な量の
ステリパワーを供給します。自動制御です
ので、いつも安定した殺菌力が得られ、
薬液は使用量に応じて別置きタンク式に
することも可能です。毎分600lから
1000l(最大毎時6t)の殺菌水を生成します


プール水の殺菌
循環濾過器の後で、 ステリパワーを
自動注入します。 従来の次亜塩素酸
ソーダを直接注入する方法に比べますと
塩素臭がほとんどせずに確実な殺菌が
できます。レジオネラ菌対策も安心です



床殺菌洗浄用散水ノズル
床面の殺菌洗浄に使用
します。 消臭効果もあります
ので快適な環境づくりが
可能です。

【空間殺菌消臭】

屋内プール内や、更衣室、ジムなどの空間の快適性は、温度湿度のほかに臭いが重要なポイントと言われています。特に更衣室やジムなどの空間は、汗の臭いやカビ臭などが発生することが多く、対策が必要となります。 ステリパワーの空間殺菌消臭用噴霧気化装置は、微量なステリパワーをまったく濡れない超微粒子にし室内空気と混合して、室内の臭いの原因となる物質を除去するまったく新しいシステムです。その安全性については、医療分野ですでに実証されていますので、安心してご使用になれます。

【男女浴湯および水風呂水の殺菌と室内衛生管理】

・男女浴槽水と水風呂水の殺菌をステリパワーで行いますと、プール同様のメリットが得られます。特に塩素臭につきましてはプールよりも温度の高い浴槽水は、通常の塩素殺菌ではより臭いやすくなりますので、ステリパワーを使用するメリットは、さらに大きくなります。
・ 浴室の床面の殺菌洗浄や浴湯の換水時に浴槽内を殺菌する散水ノズルを使用して衛生的な浴室環境を維持できます。また、浴室内の消臭も同時にできます。

■一般浴室・特別浴室の浴湯の殺菌から器具や床の殺菌洗浄

循環濾過機を使用した浴湯の除菌が完璧にできます。
特浴槽の除菌洗浄や床、壁などのタイル面の除菌効果、臭効果や防カビ効果がありますので、衛生的な浴室環境が容易に構築できます。浴室でのレジオネラ属菌対策にも十分な効果があります。従来の塩素のみの除菌に比べ塩素臭もほとんどなく、皮膚にもやさしい弱酸性ですので、皮膚ケアーにも使用できます。  


貯水タンクに貯められたステリパワーを、専用の注入ポンプで濾過装置の配管路に注入します。ステリパワー生成装置で一定の次亜塩素酸濃度とpHに調整 された状態で注入しますので完全に攪拌され安定した状態で浴槽に戻ります。 塩素臭がしないそれでいて安定した除菌力が得られます。床や浴槽水の換水の際の清掃時に、ステリパワー散水ノズルを使用し除菌洗浄することで、大変衛生的な浴室が維持できます。